HOME      INDEX      FC2 ID      Twitter      Facebook      mixi      »  2011年04月
Archive | 2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長正司公園の藤棚

毎年恒例(だそうです)のまつば園の開園記念祭での演奏の後、

D40_03DSC_3136R.jpg

ピンボケですが、指揮のmasaby氏がサントリーの震災対応CMと同様に「上を向いて歩こう」を歌っています ww


行ったのは、豊田町の長正司公園の藤棚。ちょっと早いかなと思ったのですが、決行 !!

D40_03DSC_3148R.jpg

登り口には「咲き始め」と書いてあったのですが、なんのなんの、登り道はけっこう咲いています。

D40_03DSC_3149R.jpg

と期待して上がったのですが、

D40_03DSC_3155R.jpg

やはり、上の藤棚はまだ少々早いカンジでした。

D40_03DSC_3157R.jpg

幹に近いほうから咲いていくのでしょうね。枝(?)の先のほうがまだでした。

D40_03DSC_3174R.jpg

GW後半の三連休あたりがいいようです。

D40_03DSC_3161R.jpg

ツツジやキツネノボタンはきれいに咲いていましたよ。

D40_03DSC_3203R.jpg



スポンサーサイト

スーちゃんの旅立ちに当たっての反省

昔から涙腺はゆるかったが、歳をとっていっそうゆるゆるになった。涙や死、あるいは人の機微に出くわすと、それが前後の脈絡もなく、突然見たとしても、何の抵抗もなく涙が出てしまう。
そこにもってきて、告別式でのスーちゃんのテープメッセージは、涙腺をぎゅうぎゅうに絞った。


元キャンディーズ・田中好子さん告別式...

「生と死は万人に平等である」というけど、一生懸命生きてきたんだなぁと思えるスーちゃんがもう逝ってしまい、怠惰なる生活を送っているだけとしかいえない吾はまだ生きながらえている。
いままでの57年の人生で、死にかけたことが一度(22・3歳)、人生のあるポイントでのスイッチが逆に切り替わっていたらたぶん死んでいただろうと思えることが一度(35歳)、障害なく生きれるように助けられたことが一度(54歳)あった。まさに、生かされている、「もっと生きて何かをしろ」と言われているのであろう。惰眠を貪り、単に生きとぃるだけとしかいえない今の生活を、スーちゃんのメッセージを聞きながら反省する。「反省だけならサルでもできる」と言われそうであるが、まさにそのとおり!その程度の反省である。





京都の用務先は

で、用事があったのは、ココ鞍馬口(註:鞍馬天狗の鞍馬山とは違います)の千松山遍照院上善寺
観光寺院ではないので、境内は静かです。

D40_03DSC_3012R.jpg

このお寺にある墓に、1月に亡くなった父親を百ヶ日で納骨してきました。



今回、初めて知ったのですが、ここには「長州人首塚」というのがあるのです。

D40_03DSC_3003R.jpg

なぜここにあるのか、上善寺と長州はどんな関係だったのかは分かりません。しいて言えば、たまたま、御所と近かったということくらいしか思い浮かびません。まっ、次回行ったときにでも、ご住職に尋ねてみます。

D40_03DSC_3004R.jpg

塚の右脇にある石碑にいわれが書いてあったのですが、やはり読めません(^^;

D40_03DSC_3006R.jpg

薩摩と会津の陰謀で御所警備をクビになった堺町御門の変のあと、起死回生を狙った禁門の変(蛤御門の変)で戦死した入江九一らの塚らしいということしか分かりません。
ちなみに、堺町御門は、御所の南側中央の丸太町通り面したココです。





京都の晩春

京都の街の広いとおりに面した建物は東京と大差はないのですが、一歩中に入ると、路地に建つ建物はけっこう古い雰囲気のあるものが多いですね。

D40_03DSC_2974R.jpg

古そうなお店ですが、読めません(恥)

D40_03DSC_2958R.jpg

堀川の中に入ってみると ・・・・

D40_03DSC_2981R.jpg

堀川沿いの桜並木には、まだ少し花が残っていました。


京都に行ったついでに、未訪の醍醐寺に行ってみました。
山科方面は「不便」「田舎」、醍醐は「もっと不便」「歩く」というイメージで敬遠していたのですが、地下鉄東西線(千葉には行きません:笑)で行くと、烏丸御池から醍醐まで20分。駅からバスで5分、「早い!」「楽ちん!」です。山科に住む業界の友人の案内で行ったのですが、一緒でよかった。というか、一緒じゃなければ、行こうという気にならなかった。

D40_03DSC_3067R.jpg

D40_03DSC_3063R.jpg

醍醐寺といえば奥村土牛の「醍醐」(山種美術館所蔵)ですが、もちろんしだれ桜の季節は終わっています。

でも、八重桜は少し写せました。

D40_03DSC_3060R.jpg

D40_03DSC_3019R.jpg

D40_03DSC_3024R.jpg

D40_03DSC_3027R.jpg

D40_03DSC_3064R.jpg

D40_03DSC_3045R.jpg

D40_03DSC_3031R.jpg

でも、GWはもうダメでしょうね。


って、観光に行ったのじゃないのですよ。(まだ続く)






目が覚めたら京都!

当たり前だって言うの!
前日(土曜日)から来てるのだから。

京都でも、ちゃんと朝のウォーキング、しましたよ。


で、宿の近所にあった清明神社。

一の鳥居から順に奥に入っていくと ・・・・

D40_03DSC_2961R.jpg

戻り橋

D40_03DSC_2962R.jpg

路地を挟んで二の鳥居

D40_03DSC_2964R.jpg

安部清明の住まいがあったところが神社になったようですね。

D40_03DSC_2967R.jpg

本殿

D40_03DSC_2968R.jpg

本殿の中

D40_03DSC_2971R.jpg

何年か前に一度だけ来たことがあるけど、なんかカンジが違った。


そうそう、今回の上洛、乗り換え回数が増えるのに、わざわざJR九州の車両「さくら」に乗ってきました(お客さんがいっぱいで社内の写真は撮れませんでした)。
でも、指定席は4列シートでいいですね。フットレストがあれば、まるでグリーン車です。自由席は、JR西日本/JR東海と同じ5列シートですが。



Calendar
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
文責:乃木今心
元山口県民で、現山口県民。
Uターン後2年が過ぎましたが、いまだに《よそ者》モードです。



著作権について;
本ブログに掲載したすべての文章と写真の著作権、およびそれらに関連するすべての周辺権は、制作者である乃木今心に帰属します(引用・転載部分は除く)。
With Gratitude(Since 2009/09)
Recent Entries
Archives (by Category)
Archives (by Month)
Links
Contact

お名前:
メアド:
件名:
本文:

about Pictures
各写真をクリックしてみてください。
クリックすると、ほとんどの画像はウィンドウ内で拡大表示されます(1024×685pix程度)。
もう一度クリックすると、元に戻ります。
まっ、こんな画像でも、大きくしていただくとそれなりに見えます。
Faverites
NEWは24時間以内の更新
Tweets Following
Weather Forecast
Today's Almanac
Unit Conversion
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name= name= name=